資金繰り対策

当事務所では、資金繰りについて、以下のようなご相談にも対応しております。

・資金繰りについて、どのような改善策があるか知りたい
・資金繰予定表の作成手順や何を考慮して作成すればよいのか分からない
・多めの設備投資を考えているが、資金的に経営に影響が出ないか心配 ・資金繰り対策について、具体的に話が聞きたい

資金繰り対策

勘定あって銭たらず

経営者の方が、資金繰りについて

「何故、利益はでているのに、資金繰りが楽にならないのか?」 と口にすることがあります。
この、損益計算書では利益が出ているにもかかわらず、お金が足りないことを「勘定合って銭足らず」といいます。 この状態がひどくなると「黒字倒産」になります。

何故そのような状態になってしまうのでしょうか。
それは「利益の計上」と「現金収支」の時期にズレがあるからです。

売上は、実際にお金が入ったときに計上するのではなく、引き渡しや、サービスの提供が終わった段階です。 その時に現金でもらえば、勘定とお金は合うのですが、手形で代金回収する等、入金のタイミングが遅れるケースが少なくありません。 逆に、仕入代金や人件費は、先に払うことが多いです。

そうなると、先にお金が出て、売り上げたお金は後で回収、となるので、 増収増益であっても、資金繰りが楽にならないことがあるのです。

資金繰り悪化となる様々な原因

会社を経営していくなかで、資金繰りが悪化する原因は様々ありますが それらは以下のように区分することができます。

1 収益力の低下

 ・売上高の減少(得意先の減少等)
・限界利益率の低下(販売単価の下落、仕入単価の上昇等)
・固定費の増加

2 多額の設備投資

 ・借入依存の設備投資による元利返済の負担増
・計画性のない設備投資

3 運転資金バランスの悪化

 ・売上増加により増加する運転資金の不足
・売掛債権の回収遅延
・仕入債務の決済期間短縮
・過剰生産・過剰在庫

4 その他

 ・得意先の倒産など
・返済能力を超えた借入金返済
・納税負担

キャッシュフロー計算書(CF計算書)から資金繰り悪化の原因を探る

資金繰り対策は、資金繰り悪化の原因を正確に把握し、 それぞれの原因ごとに対策をとることが重要です。

資金繰り悪化の原因を把握するのに役立つ財務諸表に、CF計算書というものがあります。

CF計算書は、会社のキャッシュの増減を一会計期間で示したものであり、キャッシュとは現金及び現金同等物のことです。CF計算書は、それらがどの要因で、どの程度増減したかを読み取ることができます。

資金繰予定表を作成する

原因が明らかになれば、その対策を盛り込んだ資金繰予定表を作成して、資金繰り計画を立てることができます。

資金繰予定表を作成することには、以下のようなメリットがあります。

 1 次回いつ手元資金が不足するのか、資金調達が必要になる時期を予測できます。
2 設備投資や人材採用に、どの程度お金が回せるかが見えてきます。
3 資金不足が発生しないために、どれだけの売上高が必要であるかという分岐点が見えてきます。
4 より手元に資金を残すための対策が見えてきます。

大切なのは、これまでの実績よりも予算です。
先を見越して、素早く効果的に対策を打つことが重要なのです。
つまり、資金繰り改善を達成するうえで、資金繰予定表を作成することは、必須なのです。

当事務所では、資金繰りについて、以下のようなご相談にも対応しております。

 ・資金繰りについて、どのような改善策があるか知りたい
・資金繰予定表の作成手順や何を考慮して作成すればよいのか分からない
・多めの設備投資を考えているが、資金的に経営に影響が出ないか心配
・資金繰り対策について、具体的に話が聞きたい ますは、お気軽にご相談くださいませ。